手汗 改善 クリーム

手汗で悩む方は必見!!改善するにはクリームが効果的!?

手汗改善グッズで対策する方法が思い付きますよね。

 

しかしこれらの方法は長期間行うものが多く費用がかさむことが考えられます。

 

それに対して食事や運動で体質改善をする民間療法もあります。

 

汗が異常に出るということは自律神経の乱れがあるわけで
体の調子を整えなければ根本的に改善ができません。

 

では手汗改善のための民間療法をご紹介しましょう。

 

食べ物で手汗改善するには

手汗の原因の1つとして肥満が挙げられます。

 

肥満の人は皮下脂肪が多く、熱を溜め込みやすくなります。
そのためたくさんの熱を体外に放出し、体温調節をするのに汗をかくのです。

 

肥満を解消し、手汗だけでなく全身の汗を正常に戻すには、
やはり食事療法がオススメです。

 

動物性脂肪の取りすぎに注意が必要です。

 

動物性の肉類に偏らないよう植物性の大豆製品を積極的に取り入れてみましょう。

 

また食物繊維やビタミンが豊富な野菜類を充分に摂取することを心がけるといいですね。

 

糖分や油分の取りすぎに注意して食事のバランスを良くすることは汗の質をサラサラにするだけでなく、手汗改善に有効であると言えます。

 

食べ物を上手に摂るコツ

ハンバーグなら肉の半量を豆腐に置き換えたり同じ揚げ物でも豚肉を低脂肪高タンパクの鶏ささみに変えるだけでも充分違います。

 

また汁物を具だくさんにしたり、食後に果物をつけると満足感を得られます。

 

運動で手汗改善するには

手汗だけでなく、全身の多汗症を改善するには運動も取り入れる必要があります。

 

運動をしてたくさん汗をかくと、逆効果のように感じますか?

 

実は日常的に運動不足な人は本来機能しているはずの汗腺が怠けている状態にあるのです。

 

汗を大量にかいてしまう人は汗の分泌をする汗腺の働きをコントロールできなくなっています。

 

ですから汗腺の機能を呼び戻すためにも日常的に運動をし汗腺を活発化させる必要があるわけです。

 

体温を適切に保つために汗をかくことを体が覚えれば日常生活で必要以上に汗をかくことがなくなります。

 

結果汗の分泌量が正常になり、手汗も改善するという仕組みです。

 

まとめ

手汗を民間療法で改善する方法をご紹介しました。
食事と運動は私達が生きていく上でとても重要なことです。

 

生活習慣を見直して体質を改善していく方法なので手汗だけでなく生活習慣病の予防や改善にもつながります。

 

生活の中に取り入れることで改善できれば無駄なお金をかけることなく一石二鳥ですよね。

 

まずは手汗改善のために体質改善をしていきましょう。

 

手汗の治療方法とは!?病院(何科)と費用 について

 

手汗に悩んでいる方は1度病院に行って治療をしてみようかと迷っているかもしれませんね。

 

でも何科に行けばいいのかという疑問が湧いてきます。
また治療方法や費用も気になるところ。

 

ではそれらの疑問点をご紹介していきましょう。

 

手汗は何科に行けばいいの?

手汗を治療するには主に皮膚科、美容形成外科、整形外科が挙げられます。

 

また最近では発汗専用外来がある病院もあるので調べてみるのもいいかもしれませんね。

 

受診する科によっても治療方法が異なるのでそれぞれの科での治療方法を把握して自分に合う科を選択してみましょう。

 

皮膚科の治療方法と費用

皮膚科は一番身近でハードルが低い科ですよね。

 

皮膚科での主な治療方法は塩化アルミニウム、イオントフォレーシスが挙げられます。

 

塩化アルミニウム外用薬

皮膚科で処方される薬は主に塩化アルミニウムの塗り薬で様子を見ていきます。

 

塩化アルミニウムはよく制汗剤に配合されている成分で、自宅でセルフケアをします。

 

保険適応はされません。医療機関によっても値段が異なりますが、100mlで800〜1000円が相場のようです。

 

薬局で手に入れることも可能ですが人によって合う濃度があるので医療機関での処方をオススメします。

 

継続して長期間使う塗り薬なので、費用がかかるかもしれません。

 

イオントフォレーシス

手を水道水に浸して、微弱電流を流し
発生した水素イオンで制汗治療を行います。

 

保険適応が可能で一回500〜700円です。

 

1週間に1回程度の治療で
効果が見られてきたら徐々に2、3週間に1回にしていきます。

 

一般的にはこの治療を20回程度を行うと治療が終了します。

 

整形外科の治療方法と費用

整形外科では主にFTS手術を行います。

 

直径3mmの胸腔鏡手術で傷も小さく日帰り手術も可能です。

 

保険適応が可能で、保険負担3割の場合10万円程度です。
ただ副作用の可能性もあり、代償性発汗になることもります。

 

これは手以外の場所(特に胸から下)の汗が増えるというものです。
また手汗が止まった代わりに、手が乾燥する症状が出ることも。

 

まとめ

受診する科によっても、治療方法や費用は様々でしたね。

 

治療方法は自宅でできる塗り薬から手術まであるので自分に合った治療方法を検討しなければなりません。

 

医師と納得の行くまで相談しデメリットも含め自分で把握してから治療を進めていきましょう。

 

美容形成外科の治療方法と費用

美容形成外科では最新の治療方法を取り入れているので費用は張りますが効果が高いと言われています。

 

主な治療方法はボトックス注射で1度注射するだけで5ヶ月もの間高い効果が見られます。

 

保険適応外なので、1回10万円前後です。